アフィリエイト広告を利用しています。

【パリ観光】オルセー美術館観光ガイド|基本情報・アクセス・見どころ

Musée d'Orsay パリ
スポンサーリンク

セーヌ川沿いに佇むオルセー美術館は、パリを代表する美術館の1つです。

かつての駅舎をそのまま利用したため、建物の随所にその面影を残しています。

印象派コレクションを多く所蔵し、「印象派美術の宝庫」と呼ばれるオルセー美術館は、パリに来たら必ず一度は訪れる美術館ではないでしょうか。

この記事では、美術館巡りが大好きなパリ在住のSakuraがオルセー美術館の見学に役立つ情報を詳しくご紹介します!

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
スポンサーリンク

オルセー美術館(Musée d’Orsay)とは

Musée d'Orsay

オルセー美術館は、ルーブル美術館と並びパリを代表する美術館です。

もともと1900年のパリ万国博覧会のために建てられたホテル兼用の駅舎でした。

近代化に伴いその機能を失った駅舎は、1986年にイタリア人建築家のガエ・アウレンティの主導のもとに改修され、19世紀美術を展示する美術館として生まれ変わりました。

「トレイン・シェッド」と呼ばれる駅舎の構造をそのまま利用した美術館で、オルセー美術館のシンボルである大時計やアーチ型天井など、鉄道駅であった面影が随所に残っています。

オルセー美術館には、主に1848年から1914年までの多彩なコレクションが展示されています。

旧印象派美術館(現ジュ・ドゥ・ポム国立美術館)、ルーブル美術館、プチ・パレにあった印象派絵画もオルセー美術館に移され、印象派の名作が一堂に会する「印象派美術の宝庫」といえるでしょう。


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

オルセー美術館の基本情報

住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
公式HPhttps://www.musee-orsay.fr/en

営業時間

【火〜日曜日】9:30-18:00
【木曜日】9:30-21:45(最終入場21:00)

定休日

月曜日

料金

大人 16€(オンライン購入)/14€(現地購入)
毎週木曜日18時以降 大人12€(オンライン購入)/10€(現地購入)
18歳未満 無料
18〜25歳のEU圏国籍者及び長期居住者 無料
共通チケット(オルセー美術館+ロダン美術館) 25€
※共通チケットはチケット売り場でのみ、一時的に販売されています。
オーディオガイド(日本語対応) 6€
毎月第1日曜日 無料
パリミュージアムパスの利用可

チケットの購入方法

オルセー美術館は、パリの人気観光名所であるため大変混雑します。

チケットは当日でも購入することができますが、事前に購入することをおすすめします。

オルセー美術館の公式サイトで購入(英語・フランス語)
GetYourGuideでオンライン購入(日本語)
Tigetsでオンライン購入(日本語)
Klookでオンライン購入(日本語)
*パリミュージアムパスを購入
*現地で購入

おすすめ【日本語公認ガイドのプライベート観光案内】オルセー美術館観光 午前 or 午後ツアー(美術館入場付)

パリミュージアムパスは、パリ市内と近郊の観光スポット54ヶ所で利用できる観光パスです。
エトワール凱旋門も対象施設の1つ。
パリミュージアムパスがあれば、係員に提示するだけで入場できます。

Powered by GetYourGuide

オルセー美術館への行き方

オルセー美術館は、メトロ(地下鉄)・RER(イル・ド・フランス地域圏急行)・バスなどの交通機関を使ってアクセスすることができます。

1番便利なのは、地下鉄で行く方法です。

メトロ(地下鉄)で行く場合

12号線 Solférino(ソルフェリノ)駅下車 徒歩約3分

RER(イル・ド・フランス地域圏急行)で行く場合

RER C線 Musée d’Orsay(ミュゼ・ドルセー)駅下車 徒歩約1分

バスで行く場合

73番 Musée d’Orsay(ミュゼ・ドルセー)下車 徒歩約2分
68・69・87番 Henry de Montherlant(アンリ・ドゥ・モンテルラン)下車 徒歩約3分
84・94番 Solferino-Bellechasse(ソルフェリノ・ベルシャス)下車 徒歩4分
63番 Solferino-Bellechasse(ソルフェリノ・ベルシャス)下車 徒歩6分

オルセー美術館の入場方法

オルセー美術館の入り口は、A1」「A2」「 C1」「C2」の4ヶ所あります。

【A1】予約なしの優先入り口
対象者:妊婦の方、障害者の方、特別会員など

【A2】日時指定済みチケット事前購入者専用入り口
対象者:日時指定済みチケット事前購入者

【C1】チケット・パス保有者入り口
対象者:日時指定予約を伴わないチケット、パリミュージアムパス、パリパスリブ、共通チケット(オルセー美術館+ロダン美術館、オルセー美術館+オランジュリー美術館)の保有者

【C2】チケット当日購入者入り口
対象者:館内で当日券を購入される方、18歳未満の方


それぞれの入り口でセキュリティチェックを受ける必要があります。

チケットをお持ちの方は、セキュリティチェック後にチケットを提示し、見学エリアに入場します。

館内で当日券を購入される方は、セキュリティチェック通過後にチケット販売窓口がありますので、そこでチケットを購入してください。

見学エリアに向かって右手にインフォメーション(案内所)、左手にオーディオガイドのレンタルカウンターがあります。

インフォメーションでは、日本語の館内マップを忘れずに入手しましょう!

またオーディオガイドが必要な方は、レンタルカウンターで日本語のオーディオガイドがレンタルできます。

オルセー美術館の所要時間

オルセー美術館の所要時間は3時間程です。

有名作品だけに絞って鑑賞すれば、足早になりますが2時間程度。

半日あれば、全作品をゆっくり鑑賞することができます。

オルセー美術館の見どころ

画家のアトリエ(ギュスターヴ・クールベ/1855年)

オルセー美術館は、0階(地上階)、2階、3階、4階、5階の全5フロアで構成されています。

そのうち作品が展示されているのは、0階(地上階)、2階、5階の3つのフロアになります。

【0階】

中央通路 彫刻 1850-1880年
1-2-3 アカデミック美術(ブグロー、シャセリオー、ドラクロワ、ジェローム、アングル)
4 ドーミエ、ミレー
5 写実主義
6-7 クールベ
8 エベール、ギヨメ、グラフィックアートと写真
9 肖像画の伝統、カルポー、スケッチ
10 小さいサイズの絵画とパステル画
11 ガシェ・コレクション、セザンヌ
12 身近な人の肖像画
13 1870年以前のドガ
14 モネ
18 静物画の復活
24 歴史画とアカデミック絵画

落穂拾い(ジャン・フランソワ・ミレー/1857年)

中央通路には1850年から1880年制作までの彫刻が並び、その左右に展示室があります。

古典派のアングル、ロマン主義のドラクロワ、バルビゾン派のミレー、写実主義のクールベ、初期印象派のマネなどの名作が揃います。

【2階】

50 メダルギャラリー
51 レセプションホール
55 歴史画
56 作業風景画
57 肖像画(1880-1914年)、大肖像(1880-1914年)
58 自然主義、第三共和政治下の社会と美術
59 象徴主義
60 オリエンタル主義と象徴主義の風景画
61-66 アールヌーヴォー(ベルギー/スペイン/フランス/イタリア)
67 フィリップ・メイエ寄贈(マックス&ロジ・ガガノヴィッチコレクション)
68 アンリ・ルソー
69 マルシー・リヴィエールコレクション
70-72 ナビ派(ボナール、ドニ、ヴァロットンヴュイヤール)

アール・ヌーヴォーの作品やロダンの彫刻が展示されています。

この階には、レストラン「Restaurant du Musée d’Orsay(レストラン・デュ・ミュゼ・ドルセー)」が併設されています。

【5階】

28 トゥールーズ・ロートレック
29-37 印象派から新印象派まで(セザンヌ、ドガ、マネ、モネ、ピサロ、ルノワール、シスレー、スーラ、シニャック)
38-45 ポスト印象派
38-40 ポン・タヴァン派(ベルナール、ゴーギャン、セリュジエ)
41 グラフィックアートと写真
43-45 ゴッホ、ゴーギャン、トゥールーズ・ロートレック、ルドン
46 キャバレー・シャ・ノワール
47 映画(1895-1914年)

ローヌ川の星月夜(フィンセント・ファン・ゴッホ/1888年)

セザンヌ、ドガ、マネ、モネ、ピサロ、ルノワール、シスレー、スーラ、シニャックなどの印象派から新印象派、ゴッホ、ベルナール、ゴーギャン、ルドン、セリュジエなどのポスト印象派などの名作が集結しています。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/06/16 17:54時点 | 楽天市場調べ)

そしてもう1つ見逃せないのが、オルセー美術館のシンボル「大時計です。

人気撮影スポットになっており、順番待ちの人たちが列を作っています。

行列を避けたい方は、朝一番にオルセー美術館へ行き、美術鑑賞をする前に大時計へ真っ先に向かうと混雑を避けられます。

オルセー美術館のおすすめ見学ルート

ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットの舞踏会(ピエール・オーギュスト・ルノワール/1876年)

まずは、印象派・ポスト印象派作品を中心に展示された最上階の5階から見学するのがおすすめです。

この階には、撮影スポットとして人気の大時計もあります。

また同じ階にある「Café Campana(カフェ・カンパーナ)」は、美術鑑賞の合間の休憩場所としておすすめです。

もう1つの大時計もあるのでお見逃しなく!

絵画と大時計を堪能したら、2階、0階の順に見学しましょう♪

楽天ブックス
¥1,331 (2024/06/16 17:27時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥1,210 (2024/06/16 17:27時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥3,300 (2024/05/19 16:47時点 | 楽天市場調べ)

カフェ/レストラン

オルセー美術館には、カフェとレストランが併設されています。

Café Campana(カフェ・カンパーナ)

5階にある「Café Campana(カフェ・カンパーナ)」は、大時計の裏側にあるお洒落なカフェ。

美術鑑賞の合間の休憩にピッタリの場所です。

営業時間10:45-16:45(火-日曜日)
10:45-20:45(木曜日)

Restaurant du Musée d’Orsay(レストラン・デュ・ミュゼ・ドルセー)

オルセー美術館の2階には、歴史的建造物に指定されたベル・エポック期の豪華な内装をもつレストラン「Restaurant du Musée d’Orsay(レストラン・デュ・ミュゼ・ドルセー)」があります。

もともと駅舎にあったホテルのダイニングルームだった場所で、美しいフレスコ画とシャンデリアで飾られています。

レストラン・デュ・ミュゼ・ドルセーでは、木曜日を除く午後の時間帯はサロン・ド・テとして営業し、アフタヌーンティーも楽しめます。

営業時間11:45-17:30(火・水・金・土・日曜日)
昼食11:45-14:35/サロン・ド・テ15:00-17:30
11:45-21:30(木曜日)
昼食11:45-14:40/夕食19:00-21:30

ミュージアムショップ

オルセー美術館は、ミュージアムショップも充実!

関連書籍やポスター、ポストカード、ステーショナリー、マグネット、マグカップなど、お土産に欲しくなるような素敵なグッズがたくさん販売されています。

お値段もお手頃なものが多く、オルセー美術館のオリジナルグッズもあるので要チェックです!

フランス旅行に必須の通信手段

フランス旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスでスマートフォンを使うには、渡航前にフランスで使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFiのWi-Fiルーター

フランス専用のWiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

フランス専用のWiFiルーターを出国前にレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

またフランスを含む複数国へご渡航をお考えの方には、イタリア・スペイン・ドイツなどのヨーロッパ53ヶ国完全定額のお得な「ヨーロッパ周遊プラン」もおすすめです。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス向けeSIM

eSIMは Sakuraイチオシの通信手段です!

eSIMは、スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・フランス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するフランス向けeSIM/

まとめ

オルセー美術館は、美術好きなら必ず行っておきたいパリの観光名所です!

美術作品はもちろん、ベル・エポックの香り漂う壮麗な旧駅舎を利用した建築もオルセー美術館の魅力の1つですので、美術鑑賞と合わせてお楽しみください。