アフィリエイト広告を利用しています。

【パリ観光】シャンゼリゼ大通り観光ガイド|基本情報・アクセス・見どころ

パリ
スポンサーリンク

シャンゼリゼ大通りは、エトワール凱旋門からコンコルド広場まで一直線に延びる世界で最も有名な通りです。

美しい並木道が続く全長2㎞程の通り沿いには、カフェやレストラン、さまざまなブティックが集まり、世界中から観光客がやってきます。

この記事では、パリ在住のSakuraがパリ観光で外せないシャンゼリゼ大通りの観光に役立つ情報を詳しくご紹介します!

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
スポンサーリンク

シャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs-Élysées)とは

16世紀までのシャンゼリゼ大通りは、草の生い茂る沼地でした。

アンリ4世の2番目の王妃マリー・ド・メディシス(ルイ13世の母)は、チュイルリー宮殿の庭園から延びる道を並木道にしたいと考え、その整備に造園家アンドレ・ル・ノートル(ヴェルサイユ宮殿の庭園を手がけた人物)を起用しました。

「王妃の遊歩道」と呼ばれた並木道は、時代と共に発展し、18世紀初頭にシャルル・ド・ゴール広場まで延長されました。

「シャンゼリゼ」と命名され、1994年に歩道が拡張されて今に至ります。


シャンゼリゼ大通りを題材にしたジョー・ダッサンの「オー・シャンゼリゼ♪」は、ご存知の方も多いはず!

フランスで大ヒットし、世界中に広まりました。

シャンゼリゼ大通りを歩いていると、思わずこの歌を口ずさみたくなります。

シャンゼリゼ大通りには、日本で大人気の「ラデュレ(Ladurée)」や老舗カフェ・レストランの「フーケッツ(Fouquet’s)」、ルイ・ヴィトンなどの高級ブティックが立ち並び、エトワール凱旋門やコンコルド広場などの観光名所も点在します。

またフランス革命記念日には、シャンゼリゼ大通りで軍事パレードが行われ、自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」では、シャンゼリゼ大通りでフィナーレを迎えます。

11月下旬になると街路樹にLEDライトが取り付けられ、きらびやかなクリスマス・イルミネーションが楽しめます。


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

シャンゼリゼ大通りの基本情報

住所Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris 地図

シャンゼリゼ大通りへの行き方

シャンゼリゼ大通りは、メトロ(地下鉄)・RER(イル・ド・フランス地域圏急行)などの交通機関を使ってアクセスすることができます。

1番便利なのは、地下鉄で行く方法です。

メトロ(地下鉄)で行く場合

1・2・6号線 Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅下車

RER(イル・ド・フランス地域圏急行)で行く場合

RER A線 Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅下車

シャンゼリゼ大通りの見どころ

シャンゼリゼ大通りは、エトワール凱旋門からコンコルド広場まで一直線に延びる世界で最も有名な通りです。

全長2㎞ほどの通り沿いにはマロニエとプラタナスの美しい並木道が続き、カフェやレストラン、カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまでさまざまなブティックが集まります。

毎月第1日曜日はシャンゼリゼ大通りが歩行者天国になり、普段は車道になっているシャンゼリゼ大通りの真ん中を歩くことができます!

街歩きに疲れたら、「フーケッツ(Fouquet’s)」や「ラデュレ(Ladurée)」でひと休みしてはいかがでしょうか♡

また冬の風物詩になっているシャンゼリゼ大通りのクリスマス・イルミネーションも必見です。

エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l’Étoile)

シャンゼリゼ大通りの西端には、パリ有数の観光名所であるエトワール凱旋門があります。

アウステルリッツの戦いでの戦勝を記念し、ナポレオン1世によって建てられたもので、間近で見るとその大きさに圧倒されます。

屋上展望台からは、シャルル・ド・ゴール広場から放射状に12本の大通りが延びるパリの美しい街並みを望むことができます。

エトワール凱旋門
  • 住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1・2・6号線/RER A線 Charles de Gaulle-Étoile駅
  • 営業時間:【4月1日〜9月30日】 10:00-23:00(最終入場22:15まで)
         【10月1日〜3月31日】 10:00-22:30(最終入場21:45まで)
  • 定休日:1月1日、5月1日、5月8日、7月14日、7月24日、11月11日(午前中)、12月25日

ラデュレ(Ladurée)

シャンゼリゼ大通りには、日本でも大人気のラデュレがあります。

シャンゼリゼ店はサロン・ド・テを併設。

シャンゼリゼ大通りに隣接したテラス席とブティックの2階にサロンがあります。

おすすめは豪華な内装のサロンでのティータイム♡

ラデュレで人気のパン・ペルデュ(フレンチトースト)やマカロン、マリー・アントワネットの紅茶などが楽しめます。

ラデュレ
  • 住所:75 Avenue des Champs Élysées, 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1号線 George V駅
  • 営業時間:8:00-22:00(朝食8:00-12:00/ティータイム14:00-18:00)
  • 定休日:年中無休

フーケッツ(Fouquet’s)

1899年創業の老舗カフェ・レストラン「フーケッツ」。

シャンゼリゼ大通りにあるルイ・ヴィトン本店の通りを挟んだ向い側にあります。

毎年2月にフランスの映画界で最も権威あるセザール賞の受賞パーティーがここで開催され、各界の著名な人物が訪れるお店として知られています。

格式の高いカフェ・レストランなので、軽装ではなくある程度のドレスコードが求められます。

フーケッツ
  • 住所:99 Avenue des Champs-Elysees 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1号線George V駅
  • 営業時間:7:00-01:00
  • 定休日:年中無休

キャトルヴァン・シス・シャン(86Champs)

キャトルヴァン・シス・シャンは、マカロンで有名なパティスリー「ピエール・エルメ(Pierre Hermé)」とプロヴァンス地方生まれの化粧品ブランド「ロクシタン(L’Occitane)」がコラボしたブティックです。

キャトルヴァン・シス・シャン限定のマカロンやコスメが手に入ります。

サロン・ド・テも併設しているので、お買い物の合間の休憩やお茶におすすめです!

キャトルヴァン・シス・シャン
  • 住所:86 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1号線George V駅
  • 営業時間:【ブティック】月-木10:30-22:00/金・土10:00-23:00/日10:00-22:00
    【サロン・ド・テ】月-木10:30-22:30/金10:00-23:00/土10:00-00:00/日10:00-22:30
  • 定休日:年中無休

ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ(Galeries Lafayette Champs-Elysées)

ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼは、ファッションとビューティを中心としたコンセプトストアです。

6500㎡の店内には、有名ブランドから新進デザイナーまでバラエティ豊かな商品が並び、パリの最新流行をキャッチすることができます。

地下1階にある食料品売り場とフードコートも見逃せません!

イートインスペースがあるので、購入したらその場で食べることができます。

またスイーツやワインなど、お土産探しにもおすすめの場所です。

ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ
  • 住所:60 Avenue des Champs-Élysées, 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1・9号線Franklin D. Roosevelt駅
  • 営業時間:10:00-21:00
  • 定休日:年中無休

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)

カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまで国内外の人気ブランドが集結するシャンゼリゼ大通り。

その中でも1番人気なのが「ルイ・ヴィトン」。

いつもブティックの前には長い行列ができています。

世界最大のフロアを誇る本店は、品揃えが豊富で、免税手続きにも慣れているのでスムーズに対応してもらえます。

ルイ・ヴィトン
  • 住所:101 Avenue des Champs Elysees 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1号線George V駅
  • 営業時間:月-土 10:00-20:00/日11:00-19:00
  • 定休日:年中無休

コンコルド広場(Place de la Concorde)

シャンゼリゼ大通りの東端にあるコンコルド広場。

パリ観光の起点となる場所で、広場からは西にエトワール凱旋門とシャンゼリゼ大通り、東にチュイルリー公園とカルーゼル凱旋門、北にマドレーヌ寺院、南にアサンブレ・ナショナル(国民議会)を一望することができます。

コンコルド広場の中央には、エジプトから寄贈されたオベリスクがあります。

ルイ15世の命で作られたこの広場は、当初「ルイ15世広場」と呼ばれていましたが、フランス革命期に「革命広場」と名前を変えて、ギロチンが設置されました。

ルイ16世やマリー・アントワネットなどが公開処刑された場所として知られています。

現在は「調和」を意味する「コンコルド広場」に改名され、パリを代表する観光名所になっています。

コンコルド広場
  • 住所:Place de la Concorde, 75008 Paris 地図
  • 最寄り駅:メトロ1・8・12番線 Concorde駅

フランス旅行に必須の通信手段

フランス旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスでスマートフォンを使うには、渡航前にフランスで使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFiのWi-Fiルーター

フランス専用のWiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

フランス専用のWiFiルーターを出国前にレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

またフランスを含む複数国へご渡航をお考えの方には、イタリア・スペイン・ドイツなどのヨーロッパ53ヶ国完全定額のお得な「ヨーロッパ周遊プラン」もおすすめです。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス向けeSIM

eSIMは Sakuraイチオシの通信手段です!

eSIMは、スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・フランス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するフランス向けeSIM/

まとめ

シャンゼリゼ大通りは、パリの中でも極めて華やかな通りです。

近くにはグラン・パレやプチ・パレ、モンテーニュ通り、ラ・ギャラリー・ディオールなど見どころがたくさんあり、シャンゼリゼ大通りと合わせて観光をお楽しみください。