アフィリエイト広告を利用しています。

【パリ観光】エッフェル塔観光ガイド|基本情報・アクセス・見どころ

朝焼けのエッフェル塔 パリ
スポンサーリンク

パリのシンボル「エッフェル塔」は、パリで最も観光客の訪れる人気観光名所の1つ。

パリを訪れた人がパリに来たことを実感する景観がこのエッフェル塔で、必ず観光しておきたい場所です。

そのエッフェル塔を100倍楽しむために、まずはエッフェル塔の基礎情報と見どころをしっかりと頭に入れておきましょう!

パリ在住のSakuraがエッフェル塔について詳しく解説していきます。

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
スポンサーリンク

エッフェル塔(La tour Eiffel)とは

パリの観光地として人気No.1を誇るエッフェル塔は、パリ7区にあります。

シャン・ド・マルス公園の北西にそびえ立つ高さ330mの錬鉄のモニュメントで、その優美な姿からパリジャンに「鉄の貴婦人」と呼ばれ、愛されています。

エッフェル塔の歴史を辿ると、1889年にフランス革命100周年を記念し、パリ万国博覧会のモニュメントとして建てられました。

エッフェル塔を手がけたのは、フランスの土木技師で建築家のアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル。

エッフェル塔の名前は、彼の名にちなんで付けられました。

19世紀のフランスの美学と常識を超えた建築

今でこそ世界中の人々に愛されているモニュメントですが、エッフェル塔が建設されるまでの道のりは険しく、当時多くの文化人や芸術家、パリ市民からパリの街の景観を巡って激しい論争が繰り広げられました。

そんな逆風を受けながらも工事は着々と進み、着工から2年2ヶ月という驚異的な早さでエッフェル塔は完成しました。(建設期間1887年1月28日から1889年3月31日まで)

完成後に開催されたパリ万国博覧会では、エッフェル塔は目玉となり、世界中からパリの新しい建造物を一目見ようとエッフェル塔に押しかけました。

エッフェル塔解体の危機

当初エッフェル塔は、一時的なモニュメントとして建てられ、1909年には解体が予定されていました。

しかしエッフェル塔を電波塔として利用する計画が持ち上がり、その後塔の頂上部に無線通信のアンテナが設置されたため解体を免れました。

塔自体の高さは300m。

アンテナを含めた全体の高さは324mでしたが、2022年に新たなアンテナが取り付けられ、エッフェル塔は6m伸びて高さ330mになりました!

現在も電波塔としての役割を果たし、パリのシンボルであるとともに、フランスが世界に誇る観光名所の1つになっています。


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

エッフェル塔の基本情報

住所5 Avenue Anatole France, 75007 Paris 地図
公式HPhttps://www.toureiffel.paris/jp

営業時間

営業時間は日によって変動がありますので、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

エレベーター階段
1月〜6月中旬09:30-23:4509:30-18:00
6月中旬〜9月上旬09:00-00:4509:00-00:45
9月上旬〜12月09:30-23:4509:30-18:30
※記載されている営業時間は予告なく変更される場合があります。
悪天候あるいは混雑により、最上階へのアクセスが一時的に中断されることがあります。

最終入場時間

エレベーター階段
1月〜6月中旬2階23:00
最上階22:30
18:00
6月中旬〜9月上旬2階00:00
最上階23:00
00:00
9月上旬〜12月2階23:00
最上階22:30
18:00
2024年1月現在

定休日

年中無休

料金

どの高さまで登るか、エレベーターを使うかどうかで料金は異なります。

第1展望台と第2展望台は、階段またはエレベーターで行くことができます。
第2展望台から第3展望台(最上階)までは、エレベーターのみ

第2展望台から第3展望台へ行く場合は、別のエレベーターに乗り換える必要があります。

第2展望台まで階段で行く場合、704段の階段を上る必要がありますので、体力に自信のある方におすすめします。

チケットの種類大人子供
(12-24歳)
子供
(4-11歳)
第3展望台までエレベーター29.40€14.70€7.40€
階段+エレベーター22.40€11.20€5.70€
第2展望台までエレベーター18.80€9.40€4.70€
階段11.80€5.90€3.00€
※4歳未満の子供は無料【2024年1月現在】

チケットの購入方法

パリ随一の観光名所であるエッフェル塔は、いつ訪れても大変混雑しています。

チケットは当日でも購入することができますが、事前に購入することをおすすめします。

エッフェル塔の公式サイトで購入(英語・フランス語)
GetYourGuideでオンライン購入(日本語)
Tigetsでオンライン購入(日本語)
Klookでオンライン購入(日本語)
KKdayでオンライン購入(日本語)
*現地で購入

エッフェル塔の公式サイトでは、2ヶ月先までの入場予約を受け付けています。

ハイシーズン中は、チケットがすぐに売り切れてしまうこともありますのでご注意ください。

人気商品【パリ】エッフェル塔優先入場チケット+ランチ / ディナーお食事チケット

おすすめエッフェル塔 マダム・ブラッスリーでのランチ・ディナー体験

Powered by GetYourGuide

エッフェル塔への行き方

エッフェル塔は、メトロ(地下鉄)・RER(イル・ド・フランス地域圏急行)・バスなどの交通機関を使ってアクセスすることができます。

1番便利なのは、地下鉄で行く方法です。

メトロ(地下鉄)で行く場合

9号線 Trocadéro(トロカデロ)駅下車 徒歩約13分
6号線 Bir-Hakeim(ビラケム)駅下車 徒歩約10分
8号線 École Militaire(エコール・ミリテール)駅下車 徒歩約15分

RER(イル・ド・フランス地域圏急行)で行く場合

RER C線 Champ de Mars–Tour Eiffel(シャン・ド・マルス-トゥール・エッフェル)駅 徒歩約7分

バスで行く場合

82番・30番 Tour Eiffel(トゥール・エッフェル)下車 徒歩約4分 
43番 Tour Eiffel(トゥール・エッフェル)下車 徒歩約5分
69・86番 Champ de Mars(シャン・ド・マルス)下車 徒歩約6分
72番 Tour Eiffel(トゥール・エッフェル)下車 徒歩約15分

エッフェル塔の入場方法

度重なるテロの影響を受けて、2017年からセキュリティ強化のため、エッフェル塔は透明のガラス張りの壁で取り囲まれています。

※写真はエッフェル塔公式サイトよりお借りしています。

入場ゲートは、地図上の2ヶ所(緑の円の部分)にあります。

敷地内に入るためには、このゲートでセキュリティチェックを受ける必要があります。

セキュリティチェックの列は3種類ありますので、案内に従って並んでください。

①VISITORS WITHOUT TICKETS(チケットなし)
②VISITORS WITH TICKETS(事前予約チケットあり)
③RESTURANTS(レストラン予約)

①は長い行列ができますが、②は比較的スムーズに入場できます。

レストランを予約された方は、③のレストラン専用入り口から並ばすに入場できます!

エッフェル塔の見どころ

パリのランドマークであるエッフェル塔は、世界的に有名な観光スポットの1つ。

ここからはエッフェル塔の見どころをご紹介します!

エッフェル塔の外観

エッフェル塔の1番の見どころは、なんといっても外観の美しさです。

展望台を登る時間がなくても、近くから外観を見るだけで十分楽しめます。

青空に映えるエッフェル塔の美しさは言うまでもありませんが、ライトアップされた夜の姿も見逃せません!

エッフェル塔のおすすめ撮影スポットは、トロカデロ広場とシャン・ド・マルス公園です。

トロカデロ広場は少し高台になっているため、エッフェル塔を真正面から撮影することができます。

またシャン・ド・マルス公園も視界を遮るものがないので撮影におすすめ!

展望台からの眺め

エッフェル塔は3階建て構造で、各階にはそれぞれ展望台があります。

展望台からは美しいパリの街並みを一望でき、併設された2つのレストランでは、パリの絶景を眺めながら食事が楽しめます。

第1展望台

第1展望台は、地上から高さ約57mのところにあります。

3つの展望台のうち1番広い展望台で、フロア内には、カフェやレストラン、エッフェル塔の歴史を紹介するミニ博物館、お土産ショップなどが入っています。

3つの展望台のうち見学者が最も少なかった第1展望台は、2014年にリニューアルされ、ガラスの床が登場しました!

第1展望台の4ヶ所に設置され、ガラス越しに眼下の景色を楽しめます。

第2展望台

第2展望台は、地上から高さ約116mのところにあります。

パリの美しい街並みが楽しめる絶景スポットで、パリの主要なモニュメントを眼下に望むことができます。

フロア内には、星付きレストランの「ル・ジュル・ヴェルヌ」をはじめ、軽食スタンド、お土産ショップなどが入っています。

第3展望台

第3展望台は、地上から高さ約276mのところにあります。

3つの展望台のうち1番狭い展望台になります。

シャンパンバーがあり、シャンパンを片手にパリの絶景が楽しめます!

エッフェル塔の設計者ギュスターヴ・エッフェルの研究所を再現した部屋があり、最上階の私室に発明家トーマス・エジソンを招いたときの様子が蝋人形で再現され、展示されています。

最上階は風が強く寒いので、上着をお忘れなく!

悪天候やストライキによる影響で、展望台がクローズすることがあります。

エッフェル塔の真下からの眺め

エッフェル塔の敷地内へ入ったら、エッフェル塔を真下から見上げてみてください。

真下から見上げる景観もなかなか迫力がありますよ!

展望台を登る時間のない方は、地上階のみの見学もおすすめです。

敷地内に入るためには、ゲートでセキュリティチェックを受ける必要がありますが、地上階の見学は無料です。

見逃しがちですが、エッフェル塔の北側の支柱には、ギュスターヴ・エッフェルの功績を称える胸像が飾られています。

余談ですが、エッフェル塔が造られる3年前の1886年、パリからニューヨークに贈られた「自由の女神像」の内部構造を担当したのがギュスターヴ・エッフェルでした。

地上階にはお土産ショップもあるので、展望台へ登れなかった方もお買い物が楽しめます。

夜のシャンパン・フラッシュ

エッフェル塔は、日没時間に合わせて毎晩ライトアップがされます。

さらに日没後の毎時0分から5分間、シャンパン・フラッシュ(ダイヤモンド・フラッシュ)と呼ばれるライトアップが楽しめます。

夜空にきらめくエッフェル塔は、誰もが心を奪われる美しさ♡

夜の外出時には見逃さないよう気をつけてくださいね。

エッフェル塔の見学ルート

エッフェル塔には3つの展望台があります。

地上階からエレベーターで行く場合、第1展望台には止まらずに第2展望台まで一気に上がることになります。

第2展望台から第3展望台(最上階)へは、別のエレベーターに乗り換えます。

エレベーターに乗る際は、チケットのコントロールがあります。

※第3展望台は階段で上がることはできません。

おすすめの見学ルート

第3展望台まで登る方は、まず第3展望台まで上がり、次に第2展望台、第1展望台の順で見学するとスムーズに観光ができます。

第2展望台まで登る方も同様に、第2展望台から第1展望台の順で見学すると効率良く回れます。

エッフェル塔のレストラン・バー・軽食スタンド

エッフェル塔内には、レストランやバー、軽食スタンドが併設しています。

Madame Brasserie(マダム・ブラッスリー)

第1展望台
ティエリー・マルクス監修のレストラン

【営業時間】
朝食 10:00-12:00
ランチ 12:00と13:30の2回のサービス
ティータイム 15:00-18:00
ディナー 18:30と21:00の2回のサービス

※レストランを予約された方は、レストラン専用入り口から並ばすに入場できます。

Klook.com

Le Jules Verne(ル・ジュル・ヴェルヌ)

第2展望台
フレデリック・アントン率いる
ミシュラン1つ星レストラン

【営業時間】12:00-13:30 19:00-21:00
【定休日】7月14日

注意ドレスコードがあり。
男性はジャケットの着用を義務付けられています。

※レストランを予約された方は、レストラン専用入り口から並ばすに入場できます。

Le Bar à Champagne(ル・バーラ・シャンパーニュ)

第3展望台
標高 276 メートルのエッフェル塔最上部にあるシャンパン・バー

【営業時間】10:30-22:30

パリの素晴らしい景色を眺めながらシャンパンを楽しめます。

キャビアやマカロン、ノンアルコールドリンクなどもあります。

Le Bar à Macaron

第2展望台

【営業時間】10:30-22:30

エッフェル塔の刻印が施されたピエール・エルメのエッフェル塔限定マカロンを販売。

ここでしか手に入らないマカロンですので、お土産にぜひおすすめです!

Les Buffets(レ・ビュッフェ)

地上階 第1・2展望台

【営業時間】10:30-22:30

軽食やドリンクが購入できます。
店内に食べるスペースがあり、テイクアウトも可能です。

フランス旅行に必須の通信手段

フランス旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスでスマートフォンを使うには、渡航前にフランスで使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFi のWi-Fiルーター

フランス専用のWiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

フランス専用のWiFiルーターを出国前にレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

またフランスを含む複数国へご渡航をお考えの方には、イタリア・スペイン・ドイツなどのヨーロッパ53ヶ国完全定額のお得な「ヨーロッパ周遊プラン」もおすすめです。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス向けeSIM

eSIMは Sakuraイチオシの通信手段です!

eSIMは、スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・フランス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するフランス向けeSIM/

まとめ

エッフェル塔はパリの街の至るところから見ることができます。

周囲には高い建物がないため、間近で見るとかなり迫力があります!

外観を見るだけでも十分楽しめますが、せっかくパリまで来たのなら、やはりエッフェル塔に登ることをおすすめします。

みなさまのエッフェル塔観光が充実したものになりますように。