アフィリエイト広告を利用しています。

【パリ観光】エトワール凱旋門観光ガイド|基本情報・アクセス・見どころ

エトワール凱旋門 パリ
スポンサーリンク

エッフェル塔と並び、パリのシンボル的存在であるエトワール凱旋門は、シャンゼリゼ大通りの西端にあります。

パリ有数の観光名所の1つで、いつもたくさんの観光客で賑わっています。

エトワール凱旋門の外観の壮麗さは言うまでもなく、間近で見るとその迫力に圧倒されるはず!

見どころは外観のみにあらず。

パリの美しい街並みが一望できる屋上展望台もおすすめです。

この記事では、エトワール凱旋門をより一層お楽しみいただけるようパリ在住のSakuraが詳しく解説していきます!

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
スポンサーリンク

エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l’Étoile)とは

エトワール凱旋門は、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍が1805年にアウステルリッツの戦いでロシア・オーストリア連合軍に劇的な勝利を収め、その戦勝を記念して建てられたものです。

実は、ナポレオンはこのエトワール凱旋門の前に、別の場所別の凱旋門の建設を命じていました。

それがルーブル美術館の西側にあるカルーゼル凱旋門です。

カルーゼル凱旋門は高さ19m、幅23m、奥行7.3mの優美な門で、1806年から1808年までのわずか2年間で完成しました。

けれどもその戦勝記念碑の大きさに不満を抱いたナポレオンは、カルーゼル凱旋門と同じ年に設計されたエトワール凱旋門の建設を命じました。

カルーゼル凱旋門の約2倍の大きさのエトワール凱旋門は、1806年に建設が始まりました。

ナポレオンが失脚すると工事は一時中断しましたが、王政復古後に工事が再開され、着工から30年を経て1836年に完成しました。

この時ナポレオンは既に亡くなっており、エトワール凱旋門をくぐったのは、1840年にセント・ヘレナ島からパリへ改葬された時でした。


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

エトワール凱旋門の基本情報

住所Place Charles de Gaulle, 75008 Paris 地図
公式HPhttps://www.paris-arc-de-triomphe.fr/en

営業時間

【4月1日〜9月30日】10:00-23:00(最終入場22:15まで)
【10月1日〜3月31日】10:00-22:30(最終入場21:45まで)

定休日

1月1日、5月1日、5月8日(午前中)、7月14日、11月11日(午前中)、12月25日

料金

大人 16€
18歳未満 無料
18〜25歳のEU圏国籍者及びフランス国内居住者 無料
毎月第1日曜日(1月1日〜3月31日、11月1日〜12月31日) 無料
パリミュージアムパスの利用可

チケットの購入方法

エトワール凱旋門は、パリの人気観光名所であるため大変混雑します。

チケットは当日でも購入することができますが、事前に購入することをおすすめします。

エトワール凱旋門の公式サイトで購入(英語・フランス語)
GetYourGuideでオンライン購入(日本語)
Tigetsでオンライン購入(日本語)
Klookでオンライン購入(日本語)
*パリミュージアムパスを購入
*現地で購入

おすすめエトワール凱旋門優先入場+屋上入場チケット|シャンゼリゼ通りを一望

Powered by GetYourGuide

パリミュージアムパスは、パリ市内と近郊の観光スポット54ヶ所で利用できる観光パスです。
エトワール凱旋門も対象施設の1つ。
パリミュージアムパスがあれば、係員に提示するだけで入場できます。

エトワール凱旋門への行き方

エトワール凱旋門は、メトロ(地下鉄)・RER(イル・ド・フランス地域圏急行)・バスなどの交通機関を使ってアクセスすることができます。

1番便利なのは、地下鉄で行く方法です。

メトロ(地下鉄)で行く場合

1・2・6号線 Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅下車 徒歩約2分

RER(イル・ド・フランス地域圏急行)で行く場合

RER A線 Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅下車 徒歩約2分

バスで行く場合

22・52番 Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)下車 徒歩約5分
30・31番 Charles de Gaulle-Étoile-Wagram(シャルル・ド・ゴール・エトワール・ワグラム)下車 徒歩約5分
73番 Charles de Gaulle-Étoile Grande Armée(シャルル・ド・ゴール・エトワール・グランド・アルメ)下車 徒歩約3分
92番 Charles de Gaulle-Étoile-Marceau(シャルル・ド・ゴール・エトワール・マルソー)下車 徒歩約5分

エトワール凱旋門の入場方法

シャルル・ド・ゴール広場の中央に建つエトワール凱旋門は、周囲がロータリーになっているため、地上からアクセスすることはできません。

エトワール凱旋門へは、専用の地下通路を通って行きます。

地下通路の入り口は、2ヶ所あります。

1つはシャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs-Élysées)から。

「ARC DE TRIOMPHE」の看板があるので、すぐに分かると思います。

もう1つは、凱旋門を挟んで反対側のグランド・アルメ大通り(Avenue de la Grande Armée)から。

グランド・アルメ通りの入り口にも小さな看板がありますが、消えかかっているので見落とさないようにご注意ください。

メトロ(地下鉄)のCharles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)駅で下車した場合、1番出口(Sortie 1 Av. des Champs-Elysées)から地上に出れば、すぐ正面に地下通路の入り口があります。

地下にはチケットオフィスがあるので、チケットをお持ちでない方はここで購入することができます。

階段を上がって地上に出ると、すぐ左手に凱旋門の入り口があり、ここでセキュリティーチェックを受ける必要があります。

セキュリティーチェックが終わったら、284段の螺旋階段をひたすら上るだけ!

【エレベーターの利用について】
高齢者・障害者・小さなお子さま連れの方に限り、専用のエレベーターを使うことができます。

途中、休憩できる場所があります。

「Mezzanine Floor(中二階)」には映像モニターが配置され、トイレがあります。

その上階の「The attic room(屋根裏部屋)」は、ギフトショップやエトワール凱旋門の歴史が学べるエリアになっています。

さらに階段を上ると、屋上展望台に到着です!

エトワール凱旋門の所要時間

エトワール凱旋門の所要時間は1時間程度です。

1時間半あれば、ゆっくり見学することができます。

エトワール凱旋門の見どころ

パリのランドマークの1つであるエトワール凱旋門は、多くの観光客が訪れる人気スポット。

ここからエトワール凱旋門の見どころをご紹介します!

エトワール凱旋門の外観

高さ50m、幅45m、奥行22mのエトワール凱旋門は、間近で見るとその大きさに圧倒されます。

新古典主義建築を代表する建造物で、外観には美しいレリーフの装飾が施されています。

その中でも特に有名なのが、フランソワ・リュード作の「1792年の義勇兵の出発(別名ラ・マルセイエーズ)」とジャン・ピエール・コルトー作の「1810年の勝利」。

シャンゼリゼ大通りから見て向かって右側の彫像が「1792年の義勇兵の出発(別名ラ・マルセイエーズ)」、左側の彫像が「1810年の勝利」です。

地上階

地下通路を通り、階段を上がると、エトワール凱旋門の足元に出ます。ここには第一次世界大戦で戦死した無名戦士のお墓があります。

屋上展望台からの眺め

シャンゼリゼ大通り

屋上展望台は地上から約50mのところにあります。

エッフェル塔を望むイエナ大通りとクレベール大通り

284段の階段を上るのは至難の業ですが、エトワール凱旋門から大通りが放射状に広がるパリの美しい街並みを見た途端、その疲れも一気に吹っ飛びます!

ラ・デファンスを望むグランド・アルメ大通り

360度の景観をお楽しみください♡

夜のライトアップ

エトワール凱旋門は、夜になるとライトアップされます。

夕暮れ時から夜にかけてのエトワール凱旋門は、昼間とはまた違った美しさで観光客を迎えてくれます。

また屋上展望台から眺めるパリの夜景も見逃せません!

最大の見どころは、きらびやかにライトアップされたシャンゼリゼ大通り。

クリスマスの時期にパリを訪れる方は、世界的にも有名なシャンゼリゼ大通りのクリスマスイルミネーションをぜひエトワール凱旋門の屋上展望台から眺めてみてくださいね。

2021年のL’Arc de Triomphe, Wrapped(包まれた凱旋門)

故クリストとジャンヌ=クロードが構想したパリのエトワール凱旋門を布で覆う計画「L’Arc de Triomphe, Wrapped(包まれた凱旋門)」が2021年に実現!

2021年9月18日から10月3日までの期間限定で、布で覆われたエトワール凱旋門を眺めることができました。

過去にはパリ最古の橋であるポンヌフをラッピングしたこともあるアーティストのクリスト&ジャンヌ=クロード夫妻。

いかなる芸術にも寛容であるフランスならではの企画展でした!

フランス旅行に必須の通信手段

フランス旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスでスマートフォンを使うには、渡航前にフランスで使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFiのWi-Fiルーター

フランス専用のWiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

フランス専用のWiFiルーターを出国前にレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

またフランスを含む複数国へご渡航をお考えの方には、イタリア・スペイン・ドイツなどのヨーロッパ53ヶ国完全定額のお得な「ヨーロッパ周遊プラン」もおすすめです。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス向けeSIM

eSIMは Sakuraイチオシの通信手段です!

eSIMは、スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・フランス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するフランス向けeSIM/

まとめ

エトワール凱旋門は外観を見て終わりにしてしまう人がほとんどですが、屋上展望台はパリの美しい街並みが堪能できるおすすめスポットです!

ぜひ屋上展望台まで上ってみてくださいね。