アフィリエイト広告を利用しています。

【パリ観光】サクレ・クール寺院|基本情報・アクセス・見どころ

パリ
スポンサーリンク

パリの北側にあるモンマルトルは、かつて多くの芸術家たちが愛した場所で、今も下町情緒漂うエリアです。

標高130メートルの丘の頂には、美しい白亜のサクレ・クール寺院が佇みます。

異国情緒あふれるサクレ・クール寺院は、パリの観光名所になっており、一度は訪れておきたい場所です。

この記事では、サクレ・クール寺院の基本情報や見どころを詳しく解説致します。

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
スポンサーリンク

サクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre)とは

モンマルトルの丘からパリを見下ろすように建つ白亜のサクレ・クール寺院は、ロマネスク・ビザンチン様式の美しい寺院です。

「Sacré-Cœur」とは「聖なる心」を意味し、普仏戦争やパリ・コミューンで荒廃した人々の心を癒すために建てられました。

建築家ポール・アバディが設計を担当し、カトリック教徒たちの寄付により約40年の建設期間を経て1919年に完成しました。


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

サクレ・クール寺院の基本情報

住所35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris 地図
公式HPhttps://www.sacre-coeur-montmartre.com/

営業時間

【サクレ・クール寺院】6:30-22:30
【ドーム】10:00-19:00(最終入場18:30)

定休日

なし

料金

【サクレ・クール寺院】無料
【ドーム】大人(16歳から)8€ 子供(15歳まで)5€

チケットの購入方法

サクレ・クール寺院の入場は無料ですが、ドームは有料になります。

ドームのチケット購入場所は、サクレ・クール寺院の入り口でセキュリティチェック通過後、すぐ左手に階段があります。

降りたところにチケット販売窓口がありますので、そこでチケットを購入してください。

おすすめモンマルトル ウォーキングツアー

Powered by GetYourGuide

サクレ・クール寺院への行き方

サクレ・クール寺院は、メトロ(地下鉄)・バスなどの交通機関を使ってアクセスすることができます。

1番便利なのは、地下鉄で行く方法です。

メトロ(地下鉄)で行く場合

2号線Anvers(アンヴェール)駅下車 徒歩約8分
12号線Abbesses(アベス)駅下車 徒歩約8分

バスで行く場合

40番 Place du Tertre – Norvins(プラス・デュ・テルトル-ノルヴァン)下車 徒歩約2分
54番 Anvers – Sacré Coeur(アンヴェール – サクレ・クール)下車 徒歩約8分

サクレ・クール寺院の麓からケーブルカーを利用する

モンマルトルの丘の上に建つサクレ・クール寺院へ行く場合、約300段の階段を上るか、もしくはケーブルカーで上がります。

体力に自信のない方は、ケーブルカーを利用すると便利です。

ケーブルカー乗り場は、サクレ・クール寺院に向かって左側にあり、乗車時間は2分程です。

ケーブルカーはパリ市交通公団(RATP)が運営しているため、メトロやバスと同じ交通ICカード「Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)」で乗ることができます。

サクレ・クール寺院とドームの入場方法

サクレ・クール寺院の入り口は1ヶ所です。

セキュリティチェックを受けてから中に入ります。

ドームに上る場合は、すぐ左手の階段を降りてください。

サクレ・クール寺院の所要時間

サクレ・クール寺院の所要時間は30分間程度です。

ドームに上る場合は、1時間〜1時間30分程かかります。

サクレ・クール寺院の見どころ

サクレ・クール寺院の見どころは、モスクを彷彿とさせるようなエキゾチックな外観と厳かな雰囲気が漂う聖堂内です。

サクレ・クール寺院の外観

モンマルトルで一際目立つサクレ・クール寺院は、ロマネスク様式とビザンチン様式が融合した異彩の建物です。

ファサードには2体の騎馬像があり、向かって左側が聖ルイ、右側が聖ジャンヌ・ダルクです。

向かって左側が聖ルイ、右側が聖ジャンヌ・ダルク

高さ84mの鐘楼には、1895年にアヌシーで鋳造された重さ19トンの世界最大級の鐘があります。

聖堂内部

聖堂内に入ると、475㎡の巨大なモザイク画に目を奪われます。

復活したイエス・キリストが白衣に身を包み、大きく手を広げ、その胸には黄金の心臓(聖なる心)が描かれています。

また1898年に建造されたパイプオルガンは、オルガン職人アリスティド・カヴァイエ・コルが手がけた最後のパイプオルガンで、1981年に歴史的建造物に指定されています。

ドーム

ドームの頂上からは、パリを360度見渡せる壮大なパノラマを楽しめます!

エレベータはなく、280段の階段を上る必要があるため、体力に自信のある方におすすめします。

地下聖堂

サクレ・クール寺院の地下聖堂には、寺院の建立に尽力した修道士の心臓が収められています。

地下聖堂はガイド付きツアーのみ見学することができます。

火・水・木・土曜日の15時30分から40分間、司祭またはベネディクト会のシスターが無料で案内してくれます。

フランス旅行に必須の通信手段

フランス旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスでスマートフォンを使うには、渡航前にフランスで使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFi のWi-Fiルーター

フランス専用のWiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

フランス専用のWiFiルーターを出国前にレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

またフランスを含む複数国へご渡航をお考えの方には、イタリア・スペイン・ドイツなどのヨーロッパ53ヶ国完全定額のお得な「ヨーロッパ周遊プラン」もおすすめです。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス向けeSIM

eSIMは Sakuraイチオシの通信手段です!

eSIMは、スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・フランス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するフランス向けeSIM/

まとめ

サクレ・クール寺院へは、お天気の良い日に出かけるのがおすすめです。

青い空と白亜の建物のコントラストが美しく、心が浄化されるような気持ちになります。

またサクレ・クール寺院のドームからは、パリの壮観な景色が楽しめるので、体力に自信がある方やお時間に余裕がある方にはぜひおすすめです!