アフィリエイト広告を利用しています。

【イギリス観光】パリからロンドンへ行く4つの移動手段を徹底解説!

イギリス
スポンサーリンク

パリ-ロンドン間は、東京・大阪間よりも近く、気軽に移動することができます!

パリからロンドンへは、ユーロスターや飛行機の利用が一般的ですが、長距離バスや車での移動も可能です。

この記事では、パリからロンドンへ行く4つの移動手段について詳しく解説していきます!

\海外旅行におすすめNo.1カード/

入会金・年会費永年無料
海外旅行損害保険が利用付帯

スポンサーリンク

パリからロンドンへの移動手段

Sakuraがおすすめする移動手段は、パリ-ロンドン間を繋ぐユーロスターです!

電車が定刻通りに出発すれば、あっという間にロンドンに到着します。

飛行機の移動も早いですが、パリとロンドン、それぞれの空港と市内間の移動に要する時間や費用を考慮すると、パリ中心部から出発できるユーロスターはより速くて便利です。

早めに旅行の計画を立ててユーロスターの予約をすれば、料金もかなりお安くなります!


\安心&快適な旅をサポート/
海外航空券の予約ならHIS
豊富な品揃えの海外航空券
手配手数料も断然お得!
HIS現地支店が24時間日本語でサポート

ユーロスター(Eurostar)で行く場合

北駅
St Pancras Station

パリからロンドンへの移動はユーロスターがおすすめです。

ユーロスターはフランスとイギリスを結ぶ高速鉄道で、1994年に開通した英仏海峡トンネルを通って、パリからロンドンまで約2時間15分〜2時間30分で行くことができます。

ユーロスターのパリ発着駅は北駅(Gare du Nord)、ロンドンの発着駅はセント・パンクラス駅(St Pancras Station)になります。

どちらも中心部に位置しているので、アクセスに便利です。

ユーロスターは運行本数も多く、1時間に1本程度の間隔(1日に15本程度)で運行しています。

空港のようにチェックインや荷物預けなどの作業がないため、出発1時間前に到着すれば安心です。

ただしイギリスはシェンゲン協定に加盟していないため、出入国手続きが必要です。

出入国手続きはパリを出発する前にあり、ロンドン到着後は、そのままホームを後にすることができます。

料金は変動制で、座席のクラスによっても変わります。

早めに予約するほど安くなる傾向にあり、乗車日の1ヶ月前に予約をすると(ハイシーズンを除く)50%以上も安くなります。


\日本語で簡単予約!/
ヨーロッパ交通を予約するならOmio
交通機関を一括比較・検索
日本語対応・日本円での支払いが可能

飛行機で行く場合

イージージェットなどのローコストキャリア(LCC)の格安航空券もありますが、遅延やキャンセルに対しての補償がないので、心配な方はエールフランスやブリティッシュ・エアウェイズなどのフルサービスキャリア(FSC)の利用をおすすめします。

パリ-ロンドン間の飛行時間は、約1時間〜1時間30分です。

長距離バスで行く場合

とにかく安く移動したい!という方におすすめなのが長距離バスです。

ユーロスターや飛行機と比べて長距離バスは値段が安く、ハイシーズンでも価格はそれほど高騰しません。

ヨーロッパではホリデーシーズンにストライキが計画されることが多く、鉄道や飛行機は大きな影響を受けますが、長距離バスはストライキの影響が少ないのも魅力です。

ただし長距離バスの所要時間は、約8〜9時間とかなり時間がかかります。

時間帯によっては渋滞に巻き込まれることもあり、時間に余裕がない旅程の方にはあまりおすすめできません。

ただ長距離バスは早朝や夜間にも運行しているので、早朝・夜間バスを上手に利用すれば、観光を十分に楽しめます。

長距離バスの場合、無料で持ち込める荷物に制限があります。

制限を超えた場合には、超過料金が発生しますのでご注意ください。

持ち込み荷物の制限個数や容量については、運行会社によって異なりますので、各社サイトをご参照ください。

車で行く場合

パリから車でロンドンへ行く場合、フェリーまたはユーロトンネル・ル・シャトル(Eurotunnel Le Shuttle)の2つの方法があります。

フランスやイギリスでレンタカーを利用するには、事前に国際免許証の取得が必要です。
日本出発前に準備しておきましょう!
レンタカーは現地の窓口で直接レンタルするよりも、事前に日本で予約したほうが保険も組み込まれたお得なプランがあります。

現地でお得なレンタカーを借りるならKlook!

ユーロトンネル・ル・シャトル(Eurotunnel Le Shuttle)

ユーロトンネル・ル・シャトルとは、フランスとイギリスを結ぶユーロトンネル(英仏海峡トンネル)のカートレインのこと。

ユーロトンネルのターミナルに到着後、英仏両国の出入国審査を受ける必要があります。

遅くとも45分半前には到着するようにしましょう!

ユーロトンネル・ル・シャトルの所要時間は約35分です。

フェリー

カーフェリーでドーバー海峡を渡ることもできます。

ドーバーのホワイトクリフ(白い崖)

カレー港到着後、英仏両国の出入国審査を受ける必要があります。

公式サイトでは遅くとも1時間半前に到着することを推奨しています。

フェリー(カレー・ドーバ間)の所要時間は約90分です。

移動方法の比較サイト

どの移動手段にするか、まずは交通検索サービス「Omio(オミオ)」で比較してみましょう。

Omioは交通手段を一括検索することができる交通検索サイトで、日本語にも対応!

交通手段や料金はもちろん、所要時間、出発時刻、最速、最安値などが一瞬にして分かります。

一度の検索で複数の交通手段の確認ができるため、ご自身の予算や旅のスタイルに合った交通手段を簡単に選ぶことができます

イギリス旅行に必須の通信手段

ヨーロッパ旅行にスマートフォンは必須アイテムです!

フランスやイギリスでスマートフォンを使うには、渡航前に両国で使えるよう通信手段を準備する必要があります。

通信手段はさまざまな方法がありますが、おすすめはWi-FiルーターのレンタルeSIMの購入です。

どちらも料金設定が安く、オンラインの申し込みが可能です。

設定や操作も簡単で、現地到着後すぐに利用できます。

また困った際には、日本語で年中無休のカスタマーサポートを利用できるので安心です。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合った通信手段をお選びください。

グローバルWiFiのWi-Fiルーター

WiFiルーターをレンタルするならグローバルWiFiがおすすめです。

2ヶ国以上渡航される方のために、お得な「ヨーロッパ周遊プラン」があります。

出国前にWiFiルーターをレンタルし、現地で電源を入れてSSIDのパスワードを入力するだけですぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコン、タブレットなど複数の端末で利用できるほか、家族や友人など複数人でも共有することができます。

Wi-Fiルーターはバッテリーの持ちが悪いので、万が一に備えてどこでも充電できるモバイルバッテリーがあると便利です。

モバイルバッテリーは、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォン、タブレット、デジカメなどさまざまな機器の充電切れ対策にとても重宝します!

海外WiFiレンタル市場でNo.1の実績を誇るグローバルWiFiを申し込む/

フランス&イギリス向けeSIM

め埋め込まれたSIMの情報を現地のSIM情報に書き換えることで通話や通信ができるようになります。

オンラインでモバイルプランを契約して即日開通!

面倒な手続きがなく、初めて海外に行く人初めてeSIMを使う人でも簡単に設定ができます。

データ無制限なので、データ通信量を気にせず安心してインターネットが使えます。

eSIM対応のiPhoneやAndroidスマートフォンをお持ちなら、日本にいる間に契約して、フランスやイギリスに着いた瞬間から通信できるeSIMが断然おすすめです!

SakuraがおすすめするeSIMは、Holafly(オラフライ)World eSIM(ワールドイーシム)の2社。

それぞれに特徴があるので、目的に合った通信手段をお選びください。

特徴・イギリス内での通話が可能
・24時間サポートが受けられる
・日本の上場企業が提供するeSIM
・テザリング*が可能
デザリング*とは、モバイルデータ通信ができる端末を利用して、パソコン・タブレット・ゲーム機などをインターネットに接続すること。

\イギリス・フランス向けeSIMを申し込む/

クーポンコードを入力すると5%OFF
クーポンコード:FRANCE

世界180以上の国と地域に対応!
\日本の上場企業が提供するイギリス向けeSIM/

まとめ

パリからロンドンへは、ユーロスターや飛行機、長距離バス、車(ユーロトンネル・ル・シャトルまたはフェリー)など様々な方法があります。

快適な旅にするためにも、ご自分の予算やスケジュールに合った移動方法を選んでくださいね。